東京でお葬式をするならチェック!~お葬式東京編~

ホーム > 東京の葬式情報 > 友引には葬式は行われない

友引には葬式は行われない

 葬儀の日取りを決める上での重要な要素となっているのが、六曜と呼ばれる歴注です。現在では主に冠婚葬祭を始めとする儀式の吉凶を決める基準として用いられている六曜は大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅の六つからなり、通常の曜日概念と同様に基本的には同じ順番で繰り返されます。
 ただし旧暦の月末をもってリセットし、月によって始まりとなるものが異なることから月半ばで順番が変わる場合もあり、これが六曜の占い的な意味合いを濃くしているものと考えられています。それぞれには異なる意味と吉凶がありますが、中でも葬儀に深く関わってくるのが友引です。
 元来は勝負事が総じて引き分けとなるという意味を示す、共引という字が使われていました。しかしいつしか友引という文字へと変わったことで弔事においては凶日であるという風潮が広まり、現在に至っています。
 凶事に友を引くとの言葉もあるように、故人と親しかった人まで連れて行かれてしまうと言われていることから、友引に葬式を行うのは避けるのが一般的になっています。

 京には数多くの葬儀会場がありますが、友引の意味を踏まえこの日には葬式を行わないというところが殆どです。一方で友引であっても通夜は通常通り執り行うというところも少なくありません。地域によっても葬儀の順番は変わってきますが、東京では通夜の後にお葬式を経て火葬という流れが通例です。
 このため通夜に関しては六曜による吉凶は、あまり考えなくても良いとされています。ただしこの辺りは喪主を始めとするご遺族の意向次第でもありますので、納得の行く形で見送れるように十分に話し合うようにすると良いでしょう。

 前述した通り友引には葬式を避ける傾向があることから、この日は火葬場の大半が休業しています。故人が亡くなれた日の六曜によっては、葬式まで日数が空いてしまう場合もあります。葬儀社と日取りを話し合う際には、ご遺体を安置しておく場所や保存用のドライアイスの確保も一緒に行っておくと安心です。
 また友引の翌日は友引明けとも呼ばれ、火葬場の利用が集中しやすい傾向が見られます。先に火葬場を押さえておかないと希望通りの時間で葬式が行えない場合もあるので、この点に関しても予め問い合わせておくと良いでしょう。
 葬儀は故人との最後のお別れを行う大切な時間です。日程がずれたことによって不備が生じないよう、事前に必要事項の確認及び調整をしておくことが肝心です。

ページトップへ