東京でお葬式をするならチェック!~お葬式東京編~

ホーム > 東京の葬式情報 > 東京ではお葬式をするとき民営が主流

東京ではお葬式をするとき民営が主流

大都会東京では他の地域と違う特徴があり、お葬式をする葬儀会場も大きな違いがあります。
他の地域では公営と呼ばれる葬儀会場がありますが、都内23区の中には公営の火葬場のある葬儀会場は2つしかありません。
都内23区には全部で9つの葬儀会場がありますが、残りの7つは民営で運営しているようになっています。
それは東京という土地柄が影響しており、人口が密集してることや土地がないことが原因といわれています。
公営の葬儀会場は自治体で運営していますが、作ろうとすると火葬場があるのでトラブルになる事が多いです。
また東京では葬儀会場が少ないので、常に予約で一杯になっているのも現状です。
故人が亡くなってからお葬式まで1週間かかったり、葬儀会場では霊安室があるのが常識になっています。
霊安室があることで1週間後のお葬式も安心です。



東京ならではのお葬式の風習やしきたり

地方よりもあまり風習やしきたりがないイメージの東京は、場所によって根強く風習やしきたりが残っています。
風習やしきたりといえば冠婚葬祭で用いられ、結婚式やお葬式などではその地域ならではのものがあります。
東京では通夜ぶるまいをするときに、遺族だけではなく一般の弔問客にもふるまうようになっています。
これは関西の遺族だけで通夜ぶるまいをするのと違い、関西人の人は驚く風習になるかもしれません。
お通夜が終わってから食事会場へ移動し、お寿司やオードブルなどの料理を食べるようになります。
他にも昔ながらの風習やしきたりで、料理以外にもお酒もふるまわれることがほとんどです。
東京の通夜ぶるまいでは口を付けるのがマナーで、口を付けずに帰るのはマナー違反になっています。
通夜ぶるまいではきちんと挨拶をして帰るようにします。



東京でするお葬式の流れと初七日の違い

最先端の町である東京はお葬式にも特徴があり、地方のやり方を違う点も多かったりします。
まず火葬をするときは告別式の後になり、後火葬という言い方をしています。
地方ではお通夜があり火葬そして告別式の流れですが、告別式が終わってから火葬をする流れになります。
火葬が終わると繰り上げ初七日があって、忌中払いの食事をして解散になっています。
また地方では告別式が終わると繰り上げ初七日があり、忙しい現代では1週間後の初七日も一緒に行うようになります。
しかし東京ではお葬式をする葬儀会場が少なく、お通夜までにかなり時間がかかってしまう事も多いです。
人気のある葬儀会場や費用の安い会場では、も仕込が殺到するので年中混雑している状態です。
そのために火葬の後の繰上げ初七日は、繰上げではなく繰り下げ初七日という事もあります。

次の記事へ

ページトップへ