東京でお葬式をするならチェック!~お葬式東京編~

ホーム > 東京の葬式情報 > 東京の葬式と選ぶタイミングとは

東京の葬式と選ぶタイミングとは

東京には数多くの葬儀業者があり、選択肢が豊富にあるのは良いことと言えます。
しかし、いざ執り行う立場になった時には何を基準に選べば良いのかで悩むことになるのではないでしょうか。
葬式を執り行う可能性がある場合には、早いタイミングで葬儀業者や会場を調べておくようにしましょう。
生前に葬儀のことを考えるのは縁起が悪いと言われていた時代もありましたが、人は誰もが必ず最後の時を迎えることになり、少しでも納得のできる葬儀にするためには、早い段階から考えておくことがポイントとなってくることは間違いありません。
東京の場合には人口が多いので亡くなる人も多く、希望する会場は予約でいっぱいという可能性も高いです。
その時に備えて、葬儀業者はいくつかめぼしを付けておくようにしましょう。
考え始めるタイミングは早いに越したことはありません。



東京の葬式で気をつけるポイントとは

葬式を執り行うことはそう頻繁にあることではないので、いざ執り行う立場となれば悩むことは多いのではないでしょうか。
葬儀と一口に言っても地域によってしきたりやマナーにも違いがあります。
東京の場合には、通夜が終わった後の通夜振る舞いは親族だけではなく参列者全員が参加するのが一般的となっており、飲食接待費はかさみます。
そのことから香典は受け取ることが大半です。
必ずしも通夜振る舞いに参加しなくてはならないと言うわけではありませんが、特別な用事がない場合には参加しておきましょう。
その際には、お腹が減っていなくてもお箸は必ずつけるのがマナーです。
一昔前は、肉や魚を食べない精進料理が通夜振る舞いのマナーでしたが、近年では故人が好きだったものをはじめとし様々な料理を楽しんでも問題はないと言う風習になっています。



東京の葬式に参列する際の注意点

東京には地方出身者も多く、いざ東京に住んでいる人の葬式に参列するとなればマナーがわからず悩む人が多いのではないでしょうか。
東京の葬式の場合には、一般的な参列者は通夜に焼香に行くことが多くなっています。
そのことから平日の葬儀の参列者がかなり減るということを頭に置いておくようにしましょう。
故人との関係が深い場合には、通夜と告別式の両方に参列するべきです。
両方に参列するとなれば、香典を渡すタイミングで悩むことになるのではないでしょうか。
どちらにも参列する場合には、通夜の時に香典を渡すようにしておき告別式では受付のみをするようにしましょう。
通夜に参加する際に頭に置いておかなくてはならないのが、関東のしきたりでは基本的に通夜振る舞いは参列者全員が参加するという点です。
親族のみではないということを頭に置いておきましょう。

次の記事へ

ページトップへ