東京でお葬式をするならチェック!~お葬式東京編~

ホーム > 東京の葬式情報 > 東京の葬式の通夜振る舞いのマナー

東京の葬式の通夜振る舞いのマナー

葬式の中では通夜があり、通夜振る舞いもありますがその際に参列者の立場ならば頭を悩ませることになるのが、通夜振る舞いに参加する範囲ではないでしょうか。
西日本では親戚など関係性が深かった人のみとなりますが、東京では通夜に参列した人は全員参列するのが基本となっています。
通夜振る舞いを出された場合には箸をつけるのがマナーとなっています。
もちろん長居はせず、三十分から一時間程度で退席するようにしましょう。
座って食べるというイメージがありますが、立食スタイルとなっているケースも珍しくありません。
葬儀に参加することはそう頻繁にあることではないということもあり、マナーで頭を悩ませることが多くなるのは当然の子ですが、マナー違反な態度をとってしまわないように事前によく調べてから足を運ぶようにすることが必須です。



東京の葬式の香典の注意すべき点

葬式と一口に言っても地域による違いはかなり大きくなっており、参列する際には参列する地域のマナーを守る必要があります。
近年では香典は受け取らないという地域も増えてきていますが、東京は通夜振る舞いを参列者全員に振る舞うこともあり、飲食接待費がかさむので香典も受け取るケースが多いです。
香典は不祝儀袋に入れていくことになりますが、その際には水引の色で悩むのではないでしょうか。
東京では一般的に黒白か銀となっているということも頭に置いておくようにしましょう。
東京だけに当てはまることではありませんが、香典は新札は失礼でマナー違反に当たってしまうので使わないようにしましょう。
しかしあまりに古いお札も失礼になってしまうので、新札に折り目をつけたお札を包むという方法が近年では主流となりつつあることも間違いありません。



東京で葬式の会場を探すポイント

葬式は自宅で執り行うものという考えは一昔前のことであり、近年では会場を借りて執り行うスタイルが主流となっています。
特に東京では会場も豊富にあるので、いざ選ぶとなればどこが適しているかで悩むことになるのではないでしょうか。
選ぶ際には、まずは規模を考えるようにしましょう。
地方からの出身者も多いので、参列者は地方からやってくることが負担で参列を控える人も多いです。
人数が多くないにもかかわらず規模の大きな会場を選んでしまうと、葬儀が寂しい雰囲気になってしまうだけではなく広い会場を借りた分、出費も多くなり負担となってしまいます。
事前にある程度人数を把握しておくことは必須です。
もちろんそれだけではなく、会場の立地条件も重要です。
参列者の負担にならない場所を選んでから、業者や会場を考えるようにしましょう。

次の記事へ

ページトップへ